キングストーンHIDって何者?

春に浸って、、、

技術革新が進化する中

周りの人間も進化している。

次世代最強軍団形成まであと5年かなww

やる気のある奴

学力の能力がずば抜けている奴

人を知り尽くしている奴

テンションが常にMAXな奴

苦労を快感に思いとことん頑張る奴

皆、各々の業界で活躍し始めている。

刺激を貰う時期が到来し始めている。

どうして俺だけこんなに辛いと思った10年前

今になってはそんなこと

皆理解出来てきて

類似する苦労自慢で気が少しだけど楽になってる。

支え合ったり

語り合ったり

心から気持ちが

伝わるからかな。

そして、現実も良いけど、未来はもっと良い。

いつも同じメンバーで再会した時はいつもメンバーは笑っている。

そう、まじで笑っている。

最近は、笑顔を伝染させるのが快感になってきた。

ということで

スプリングイベント開催決定。

春と言えば

夢に向かって進む時期。

次回、イベントは

夢をテーマに

そして、人の夢を知ることで笑顔満載ありがとうイベント。

The Dreamers of TOKACHI

~最初の晩餐~

主催:グローバル十勝

日時:2012.4.14(土)

詳細は追って案内します。

最高な、季節の始まりですねっ。

一人では見えない景色

もっと見ようぜ。

KINGcrown

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伝説の漢誕生

おれは自信がある

だから自信があるやつが好きだ

おれはすべてがうまくいく

だから嫉妬する男が苦手だ

おれは誰にも負けない

だからおれに負けないパートナーが

必要だった

そんな風に生きていたら彼に出会った

ってゆーか5歳の時に会っていた

10年後に奇跡の再会

そしてさらに7年後に運命の再会

そしてさらに8年経った今は常に目の前にいる

NO.1 No.1 No.1♪

NO.1 No.1 No.1♪

1がこの世で1番似合う漢(おとこ)が

地球という惑星に生をうけて「今日」30年の月日が経った

その漢はエルメスのバーキンよりも高いプライドと、

深イイ話しの111倍深い懐を持ち、「2(番)」は絶対に許さない

彼の自信は力士が銭湯に入ったかのごとく溢れ、

人の笑顔(時に悲しむ顔)が3度のナニよりも好き

楽しむことに命をかけるけれど、仕事は妥協を許さない

そして常に結果を残してきた

おれはこの25年間(特にここ8年間)

彼から受け取ったものは計り知れない

おれが今のように生きていられるのは彼の存在なくしては

考えられなかっただろう

お互いがお互いを認め、甘えと妥協は一切許さない

ポジティブ、ハイテンションは当たり前

日々の努力は互いに見せないが、結果と笑顔は必ず翌日配送

これだけ分かりあっていても彼のプライドは一切乱れない

そしてパブリックで見せる輝きは未だに目を疑うほど

はっきり言って終わっている

最高に終わっている

おれらに終わりはないけど終わっている

ここからの10年はさらにおもしろいことが起きるだろう

想像しうることしか、現実とならない

だけどおれたちの頭の中に創造の限界はない

このままいったら大変なことが起きちゃうね。

「とことんいくとこまでいっちゃおーぜ!KING!!」

さんきゅー ふぉー KINGが うまれたひ

H.I.D

| | コメント (2) | トラックバック (0)

KINGという愛称

年末に倉庫を掃除をしていたら

こんな内容の紙切れが・・・・・・

俺が生まれた瞬間に預かったもの。

それが

KING-STONEという愛称。

生まれた瞬間なんかもちろん何にも感じなかった。

年をとるにつれて、何かに行き詰った時には決まってもう一人の

自分がでてくる。

自分に負けるなって。

俺だって負けたいときもある

妥協したい時や、あきらめたい時がある。

だけど、いつも許してくれない。

辛いことを、やめよって思ったことなんか数えきれないほどあった。

心は、拒否しているんだけど何故か棘の道に体が勝手に動く。

断るのも勇気。

だけど、断る勇気すらない俺は飛びこむ。

それは、ただの自分のわがままだけであって

そんな環境を与えてくれていることに感謝しなくては

いけないのかな。

そんな小さな考え方の変化が、考えさせてくれる仲間がいたから

今も一生懸命に生きているのかなって思う。

自分にまっすぐ行き過ぎたせいか

その代償で色々なものを失った。

いいことなのか、なんなのかもわからなくなった時もあった。

だけど、それで今自分が納得できる場所にいる。

まだまだだと思っているけどちょっぴり

自分に尊敬できる部分も増えてきた。

安らげる場所も少しずつ見つけることもできた。

仲間のため、未来のために、自分のため、自分の分身のために

KINGという愛称に負けないよう自分を通して生きる。

ただ、俺はがむしゃらで、ひかない性格だから

少しだけ穏やかにならくちゃいけないね。

わかっているんだよ。

自分のことだから。

強い自分を演じて

時には、もう一人の弱い自分を出すのがいいのかな。

すべては自由になることが

俺には必要なのかもね。

KINGcrown

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久々に、、、

何だか冬の寒さが心に沁みる。

今日、俺の一番であろう友人がこの世に生まれた。

俺より若干早く大台に乗った彼。

年齢を重ねるが、心は老けない。

そんな人間でも時には苦痛を感じる。

だが、笑顔が絶えない。

支えているのはなんだろう・・・

俺と彼は

一生笑い続けると誓った8年前の再開。

それからか、飛躍的に成長したのかもしれない。

その出会いが、よかったのか、悪かったのか

俺にもわからない。w

ただ、そんな運命のいたずらが俺達の今の笑顔を作っている。

夢でもなく、現実でもない。

恐らく、俺と彼は150歳で死んでも

その先で、また一緒になるだろう。

一緒に笑っているだろう。

そんな、人生のターニングポイントにたっている俺ら。

あっ、そんなわけのわからない未来を創造するのはやめよう。

今日は、最高な日だ。

今日がなかったら今の俺はいない。

HID、君が生まれて来てくれたから、この世は笑顔で満ち溢れている。

生まれて来てくれて、ありがとう。

さぁ、今年、最後に笑顔を振りまこう。

そして、来年は今年以上に笑おう。

そうすれば、いつまでも最高な世界を作れるだろう。

大台にのった君の使命、宿命だと思う。

「今までで1番」という言葉

来年はもっと聞けるだろう。

KINGcrown

| | コメント (0) | トラックバック (0)

隔世遺伝

俺は、最近ずっとこのことが気になる。

隔世遺伝。

何かが変化し、何かを悟れる。

2世代を超えて存在するというのだが

俺はその人物についてほとんど知らない。

負けられない戦いが終わったら

自分をもっと知るために

隔世遺伝の源泉を探す旅に行こうかな。

先祖がいるあの土地

STONE KING ISLAND。 

KINGcrown

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月23日から3年が経って

キングストーンHIDのブログを立ち上げて

早3年が経とうとしている。

そしてKINGとの再会の日から7年が過ぎた

俺たちは今も同じ空の下にいる

互いに伸ばし合い、正し合い、そして支え合う

そして今の自分がここにいる

今見えている世界が俺たちの世界

最高の世界

そしてもっともっと高みを目指したい

最高の世界をもっとたくさんの人と共有したい

俺たちは成長できたのだろうか

俺たちは人の役に立てているのだろうか

俺たちは人を幸せにすることができているのだろうか

常に自問自答を繰り返し、失敗を顧みながらも

失敗を恐れず、前へ進む

時には人を傷つけることもあるかもしれない

時には間違った方向へ進むかもしれない

その時はきっとKINGや仲間たちが正してくれる

そして出会ったたくさんの仲間とひとつになって

同じ志をもって前へ進むことができると思っている

HID

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とりあえず。。。。。

今年の目標の1つ。

最後となる社内試験を今終えてきた。

若干、寝不足だったけど、なんとか結果は残せそう。

今まで、獲得した資格は社内だけで10個。

今回の一つが最後となるだろう。

そう、最後にはふさわしい数字

「11」個目だね。

この七年間の自分がやってきたこと、感じてきたことに

やっと終止符を打つことができる。

決して資格がすべてではないが

ただ、最低ラインだと思ってるし

自分に言い訳をさせないためにもやってきた。

そして、おそらく2次試験もあり浮かれてはいけないけど

結果はさておいて、次のことを考えることにした。

それは、ちょうど何か月前に屈辱を味わった、あの国家試験。

幻といわれ続けられ、最近現れたあの試験。

その試験に挑む気持ちが湧いてくる。

二十代最後の締めにはちょうどいいかも。

その1つの国家試験も捕まえて、最後に並ぶ数字は勿論、

「1 1 1」。

ワンワンワン。

君は知っているかい??

1月11日生まれのイヌ年男を・・・

KINGcrown

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Yasasiさ、、、

ありがと~~。

これも一つの優しさだと思う。

優しさを表現することは人それぞれ違う。

自分が感じる優しさ達を語りたい。

俺はその言葉の第一印象について

「包み込む」という言葉が浮かぶ。

まるで、あずきでできたあんまんの「あん」や

肉まんの「豚肉」をはみ出さずに包み込むような一切れの薄い皮。

優しさは、薄く、簡単に破られる。

優しさは、実にデリケートだ。

だからこそ、思っていないと見破られやすく

嘘の優しさは悪に近い。

俺は、毎回、大体、優しさはない。

嘘の優しさは本物じゃないから

俺はあまり本気で優しさ達を表にはださない。

俺の中でデリケートな言葉の一つだからこそ

人見知りする。

優しさという言葉の重みは人の100倍。

時には悪にもなる優しさ。

だからこそ俺は、慎重に使いたい。

俺が思う優しさは

相手が辛く、悲しい状態にかけるより

相手が笑顔の時にかける優しさのほうが好きねっ。

だって~

辛い時、優しくしない人ってあんまりいないしょ~?

しかも、俺の中で辛いときに優しくするのは当然と思ってるし~。

中々できないのが、自分の調子が良すぎて

「やさしさ」の「や」の文字も視界に入らない時が肝心なのかなって思う。

まぁ、苦しんだ時は人は優しくなるけど

例外もいるけどね

「あん」や「豚肉」が好きな

常に優しい

HIDのように、、、

KINGcrown

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年の目標と地球最高の男が生まれた日

今年の目標

一、経営者としての自立と成長(地位の確立と実績)

一、各店舗昨年比120%

一、地元貢献イベントを2回実行する

一、国家試験一次試験合格

一、ボクシング県大会2連覇&公式戦無敗キープ

10年後の目標

一、次世代最強の経営者

一、世代最強のエンターテイナー(社会貢献イベンター)

一、東京ドームライブ(ありがとう年間365回)

そしてこれらの目標を達成することを誓うとともに

これらを達成した時の最強の喜びを君に捧げよう、、、

10年後の本日、、、 

そう、それは地球最高の男がうまれた日、、、

その男の名前は「KING」

by H.I.D

| | コメント (0) | トラックバック (0)

俺たちって。。。2

お前のためなら死ねる。

そんな自分の素直な気持ちに

終止符をうった8才の秋。

人のために死ぬと思うことは

まっすぐな気持ちがなくては思えない。

人のためにとった行動は人のためになっているのか?

自分がいないと人は喜ばない。

皆、幸せに生きることを俺たちは求める。

KINGcrown

| | コメント (0) | トラックバック (0)