長編小説 

煙に巻かれた大草原 第二章 やつの名トーマ

やつ(トーマ)はさらに成長を遂げた。

やつは小学4年生になっていた。

トーマさん!!」同級生のタカが言った。

「なんだ?」トーマは言った。

R小(学校)のマサがうちのさとしをぼこりやがったんだ!」

「なんだと~~~!!?」

トーマはつづけた。

「R小のマサっつったら6年の番じゃねーか、、

あの野郎、、2こ上のくせしやがって、、」

トーマはさらに続けた。

「たかぁ~!人集めろ!!多ければ多いほどいい。」

たかは返した。

「はい!さとしのやろう、、やっちまうんですね?」

「ああ。だけどやるのはおれ一人だ。お前らは観客だ。

R小の頭とっとくのも頃合いだと思ってたしな。」

トーマは淡々とそう話した。

「はい!!トーマさん!!!」

小4でさんづけさせていたトーマは連れをやられた怒りを

胸に押し込みながら5時間目が始まる前に

14人の友達を連れて基地に隠していた

チャリ(自転車)にまたがりR小に乗り込んだ。

おい!!6年のマサでてきやがれ!!!!」

校庭のど真ん中で小さな体からは想像も

できないほどの大きな声で叫んだ。

一斉に校舎の窓から生徒たちが授業中にも関わらず

顔をだした。

驚いた教師たちがまず飛び出してきた。

「なんだ君たちは!どこの小学校からきたんだ?」

連れノリを捕まえ、偉そうにそういった。

それをみたやんちゃもののトモはその教師の

後ろに回り、思い切り足をけり上げた!!

もちろんあたったのは教師の睾丸

教師は情けない内股をつくり、もがき崩れていった

「トモ!よくやった!」

それを見て、続々と教師たちが襲いかかってきた。

何人かの連れは完全に捕まり身動きが取れない状態。

しかし14人で来たのが功を奏し、トーマは動いた。

仲間と教師たちの間を瞬く間に駆け抜けた。

そして校舎に入り、3階をめがけて走って行った。

一番近くにあった1組の教室の戸を激しく

開けた、、、。

番長のマサはどこじゃ~~~!!!」

1組の生徒たちはあまりの衝撃にあっけにとられ

あるものは椅子からころげおち、

あるものは泣きだしていた。

そして勇気を振り絞った委員長らしき男の子

近づいてきてこう言った。

「、、、、3階は3年生と4年生の階なんです。マサって

6年生のマサくんですよね?」

トーマは恥ずかしさをごまかしながら

「そうか、どうりで小さい奴らばかりだと思ったぜ。

おまえらもっと牛乳のめよ、、、!!」

それが精いっぱいだった。

しかしトーマは同じ学年の彼らと比べても

背は低い方だったのでさらに恥ずかしくなった。

それをごまかすかの如く、その場を走り去り

2階にかけ下がった

「マサはどこじゃ~~!!おれがM小の

トーマだ!!!タイマンはりやがれ!!」

また教室を間違えている可能性を頭の隅に

かかえながらも激しく吠えた。

しかし今度は合っていた。なんとかマサは

6年1組だったんだ。

その教室にいた女教師は愕然としながらも

トーマに諭すように話しかけた。

どうしたの?何があったの?うちのまさくんが

君に何かしたの?」

おまえはすっこんでろ!!!」

あまりの勢い女教師はたじたじになり、

それ以上何も言えなくなった。

マサは最初、驚きを恐れを隠しきれずに

いたがしぶしぶと立ち上がった。

お、、お、、おれが、ま、まさだ、、。」

裏返りそうな声を必死にこらえマサは言った。

うちのサトシをやってくれたそうじゃねーか!

今すぐ表出ろ!サシで勝負してやんぜ!!」

自分よりふたまわりも小さいトーマに

喧嘩をうられたマサは同級生の手前、

必死にこう返した。

「じ、、授業終わったらドラゴン公園に来い!

あ、、相手してやる。道徳の授業がす、好きなんだ

まさは道徳の時間に見れるテレビの教育番組

大好きだった。

わけのわかんね~こといってんじゃね~~!!」

そう叫んだ瞬間トーマの体が1メートル以上も宙に

上がった!

振り向いた瞬間、体力自慢の体育教師

トーマの体を持ち上げ、次の瞬間

床にたたきつけた

体育教師は激怒しながら叫んだ。

お前はどこからきたんだ!?補導だけじゃ

すまされんぞ!!!」

トーマも切れた!

おれがM小のオグリトウマだ!!!!」

その瞬間体育教師めがけて突っ込んでいった。

思い切り握りこんだこぶしは体育教師の顔には

届かず、体をつかまれもう一度床にたたきつけられた

体育教師は柔道をやっていた。

呼吸困難になるほど激しく叩きつけられた

天井を向いたトウマは意識を失いかけながら

初めて喧嘩に負けた悔しさと、仲間の仇を

とれなかった情けない気持ちで涙さえも流した。

「おれは何ひとつ思い通りにできない半端もんだ、、。」

そうつぶやいてR小の保健室へと運ばれて行った。

次の日トーマは頭を3厘に刈った

| | コメント (1) | トラックバック (0)

変わらない天使と悪魔 最終章-Sでよかったかも^^  byKING

その子は、マサトという名を授かり生まれた。

生まれてからも、平凡な生活。

泣くことが仕事のような毎日。

近所の人にもかわいがられ、時には小さいながら家を飛び出し国道のど真ん中で動く車と、一緒におねんねするぐらい、アクティブな性格だった。

アクティブかつ、寝るのがすきだったみたいだ。(暗い山の中でも寝ていたぐらい^^)

そんな常識破りの生活を送っていた。

そんな生活で満足していた。

小学校4年生までは。

頭もいいわけでも、

スポ-ツができるわけでも、

とびきりなんかの才能があるわけでも、

体にめぐまれていたわけでも、なかった。

ある日そんな、マサトに異変が!

鉄棒にのっかかり、遊んでいるときに、いきなり頭から落ちてしまい、

体から心に、稲妻のような刺激が走った。

それからだったSという心に目覚めたのは。

興味のなかったスポ-ツもやりだし、

どうでもいいよ思っていた勉強もはかどり、

女性のことにも、目を配れるようになっていった。

しかし、何をやろうと思っても、常に物事を上から見て、プライドの塊の心を持った。

これもすべて潜在意識であったSという心をもったせいだったpp

そのせいか自分だけが中心で周りのことを考えないくらいめくらになり、

色々な人をきずつけていった。

昔の優しい心も忘れ、いつの間にかミジンコのけつの穴よりの小さい心を持った悪魔と化した。

自分では気づかなかったのが、一番の後悔であろう。

そして、そんな悪魔に対して、神は許すはずもなかったp

15年たち、20歳になったまさとはいつものように、・・・・・ハウスに足を踏み入れた。

猫の鳴き声がひっそりと聞こえる公園で喧嘩しているカップルを発見。

マサトはその光景をまるで自分のことのように悲しそうに眺めていた。

そのとたん、いきなりであった、

男が!!

女を殴り始めた、その子はどことなく昔付き合っていた彼女のように見えた。

そう忘れもしない、まさにあの時Sという心に耐え切れなくてふられてしまった彼女本人であった。

彼女は、まだあの時とは変わっていなかった。

マサトもあの時とは変わっていなかった。

見てみぬ振りをしようと、マサトは思った。

だが、その男の暴力はエスカレ-トしていくばかり。

「許せない。」

マサトはそう思ったに違いない。

その現場に入り、とめにはいろうとしたが、もう手のつけられないほど女は腹を抑え苦しんでいる。

まさとがとめにはいったせいで、男が発情し、

30センチもあろうナイフをだし威嚇をする。

ナイフを突きつけられ、一振りしたナイフがマサトの右腕を微かに傷つける。

いつもなら、そんなへまはしないマサトであったが動揺していたせいか感覚が散漫になり・・・・

ついに、男は女にもナイフを向けた。

その瞬間、マサトの気持ちに変化が生まれたんだ。

Sという心を持ったせいで、こんなに傷つけてしまっている・・・

ソレと同様に自分も傷ついていく。

体の傷は、なおるけど心の傷はなくせ無い。

マサトの中では一瞬時が止まっていた。

今まで生きていた時間より長く感じた。

次の瞬間男の発狂とともに、ナイフがネックレスをかすめ女の胸に突き刺さる。

そのネックレスのおかげで刺さったのは、

1ミリだけだった。pp

ナイフと女の体の間には、マサトがいた。

女の胸から微かに垂れる純血と、

それ以上に綺麗な血が公園の土の上で混ざり合う。

マサトの怒った虎のような目つきを見て、くるったメス豹のように逃げていく男。

マサトは言った、

「ごめんな・・・」

女は、久々に会うマサトに対して今までにない大声でこう言った。

「あんたが、謝るなんておかしいじゃん!!」

「今まで自分が悪くても、謝んなかったじゃない!!」

「あの時、私がふったのはいつかまた会った時変わってほしかったから・・・」

「マサトのこと好きだったから・・・」

「このまま一緒にいても何も変わらないと思ったから・・・」

「いやだ・・・・」

「いや-----」

「・・・・・・^^」

魔法が解けたように、女はほっとした・・・

変わった、マサトを見て^^

共鳴する声と共に、マサトは最後の声を振り絞り、

優しく、見守ってくれる、女に、

笑顔で優しい声で、こう言ったんだ。

「お前を見て思うよ」

「天使って本当にいるんだね」

と、一言残していった。

暖かい涙と、

マサトが、誕生日に送った、

十勝石でできたネックレスの深い傷と共に・・・・

マサトはSであってSでない、ただ唯一の救いは、

Sであったからこそ、理解できた人の気持ち。

そんな小さいことかもしれないが、

そんな人の感情を理解できただけ幸せって感じたのかな。

長所もある、

短所もある。

だからこそ、

完璧でないこそ。

やさしくできるし、

面白い。

そういつまでも、肌で心で感じたい。

そんな気持ちでも無駄なことなんて無い。

一つのきっかけで心が変わる。

だから、今の自分をしっかり持ってほしい^^

自分の胸にいつまでも存在する、

変わらない天使と悪魔を見たければ・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

煙に巻かれた大草原           第一章 大したことない悪がき 

やつは成長した。

抜かれたばかりの雑草が誰に望まれる

わけもなく、だれの目にも止まらないところで

必死に成長を続けるように、やつも同様に

3歳のやつは九州にいた。

地元北海道を離れ、ちょっとした旅行も

彼にとっては大冒険。

そこに名も知らない田舎のおばさんが現れたんだ。

「ぼく、どこから来たの?」

まーあからさまに旅行途中の格好を

めかしていたやつはそんな質問にミジンコの毛

ほども動揺することなく、自信満々で一言返す、、。

「日本!!」

その言葉を発したときのやつの勝ち誇ったつらは

これ以上ないほどの自信滑稽さで溢れかえっていた。

やつは世界が好きだった。

4歳のとき地球が1日で一周することを

知ったやつは、地球儀の前に座り、

地球儀と小一時間にらみ合っていた。

それは地球上の国々のすべての名前を

暗記しようとしているわけではなかった、

果てしなく遠いどこかの異国で今日も腹を

すかしてただ生きるためだけに、一日を

必死に生き抜いている子どもたちがいることを

考え、メランコリックな気持ちになっていた

わけでもない。

良く見ると、やつは地球儀を回していた。

そしてその速さは限りなく遅い

はたから見れば動いていないに等しいほどに遅い。

1日で地球が一周するなら12時間で半周する

6時間で四分の一周、3時間で八分の一周、

1時間で24分の、、、1分でその60倍、、というように

やつは自分の地球儀をほんとの地球と同じ速度

回していた。よりリアルな速さを求めながら、

やつは地球の動きと一つになっていた

そう、、やつはバカだった。

またやつは残酷な殺生をも恐れなかった。

むしろ楽しんでいた。

そうあの時やつは殺戮マシーンへと化していた

クモの巣に次から次へと生きているアリ

投げ込みクモが近づき、アリを糸で包みこんでいく

それを今晩のディナーにしようとすぐに

手をつけないクモの表情をのぞき、

やつはふと考えていた。

「はらへった。」

そしてやつの手の伸ばした先には、、。

それだけでは飽き足らず、毛虫を見つけては

上に大きな石を乗せ、

「アクセル全開!!」という言葉を発するとともに

毛虫たちは片っぱしから無残な姿に変えられていった。

そのほか団子虫爆弾てんとう虫の尿武器と化し

人間にまで危害を及ぼしていった。

人はともかく、罪のない虫たちはこの殺戮マシーンの

ためにいくつの命を落としたことであろう。

ただ救いなのはやつは5歳で殺生を禁じた

なんて普通でくだらない話だろうと思うだろうけど

子どもって本当はどこまでも純粋な笑顔で

どこまでも残酷なことができてしまう

彼らは常に天使と悪魔の分岐点に立っている。

どんなにまわりが導こうとも、

どんなに環境に恵まれていようとも

最後に選ぶのはその子どもたち自身だから。

やつはどちらへ進むのだろう、、、

| | コメント (1) | トラックバック (0)

対抗!!長編小説(できれば毎週日曜)-変わらない天使と悪魔pp第一章小さな村に生まれたデッカイ侍byKING

雪が降る中、奇跡が起こった。

この世は、今まで何年たったであろう?

今までにはいない変人が、生まれようとするなんて誰もが想像もしていなかった。

それがいのか悪いかは、正直神しか知らない。

神が受け入れた今、世間が、冬休み、正月、新年の挨拶、で騒々しい中、

その変人は、六畳一間の静かな空間でSという心を持って生まれたんだ。

平凡な声で、平凡な顔、平凡な体・・・・

皆を安心にしてくれた、

誰もが普通だと思った、

しかし誰もが気づかなかった、事が起きるまでは・・・・・

                                       続pp

| | コメント (2) | トラックバック (0)

長編小説(週1) 煙に巻かれた大草原 序章 北海の白狼誕生 by HID

とある時代にこの物語ははじまった。

雪が降り始め、人々はコートに身を隠す。

だけど今とは違って人と人との心の

触れ合いだけで十分に暖まることができた。

携帯電話なんてなかったから

待ち合わせ場所が通り一本間違うだけで

30Mしか離れていない二人が

何時間もすれ違い、なかなか会えないこと

なんかよくあることだったけれど、

会えたときのお互いの表情は

もどかしい苦笑いと、ほがらかな笑みで

すぐに2人を包んでいた。

近所には口うるさいおばさんがいて

あまった夕食を一人暮らしの若者に

すそ分けしてくれるおばあちゃんがいて

はげ頭をばかにするとどこまでも

追いかけてきてくれる暇なカミナリおやじもいた。

気に入らなけりゃ、ぶん殴ってくれる教師も、

農薬や化学肥料なんかにたよらずに

汗水たらして最高の野菜を作ってくれる農家

だってたくさんいた。

そんな暖かい冬にやつは産声をあげたんだ。

髪の毛は見える限りでは4~5本程度

ご多分にもれず真っ赤なサルづらで

ゴルバチョフよりも偉そうな顔して

やつは生まれてきたんだpp

| | コメント (0) | トラックバック (0)